.

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利幅を狙う取引です。ライザップ 高崎

買ったり売ったりの値は変化しています。NULLリムーバークリーム

それが為替市場です。ヒゲ脱毛

テレビのニュースをみているとドルやユーロのレートの情報が流れる場合があります。アルケミー 口コミ

「現在の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。レーシック

これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを提示しています。シミウス

要するに、トレードには買値と売値の2つの値段が存在する事を示しています。クリアネオ

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表している取引会社も存在しています。横浜中央クリニック

普段は売値が安価になっています。大阪 エキスポシティ ニフレル

実際に買値は高く、売値は安くなるのです。イントラレーシック

その差分をスプレッドといい、FX業者の収入のひとつといわれています。

スプレッドの差は業者によって変わります。

スプレッドの広さはみなさんにとって手数料になるので、狭い取引会社をピックアップするほうが儲けられます。

ただし、状況によってスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

仮定として普段はドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッド幅であるとしても為替相場の変化が大きい状況では広くなる事があります。

という訳で、スプレッドが小さいのと同様に安定しているということが大切です。

動かないスプレッドの狭さを示す取引会社も多く存在しています。

リアルに取引業者の取引画面の上で実際の相場を見て確認しなければ判別できないのですが、重要な事です。

大事な資金を投入してトレードをしますので、現実のエントリーの前に、興味を持ったFX取引会社の新しい口座開設を遠慮せずにして示されているスプレッドの幅をチェックしましょう。

同じ通貨でもそのタイミングの外国為替市場のボラティリティによって、スプレッド幅は変わることがあります。

たいがい、インターバンクマーケットで売買高が多いペアではスプレッドの広さが小さく、残りのペアでは広がる事がよくあります。

Copyright (c) 2000 www.natureedmonton.com All Rights Reserved.