.

民事再生は住宅ローンがある多重債務に悩んでいるひとのために住んでいるマンションを維持したまま金銭面で立ち直るための法的な機関による債務を整理する処理方法として2000年11月にスタートした法律です。

この法律には、自己破産と違って免責不許可事由はありませんので賭博などで借金した場合もこの手続きはOKですし自己破産をすると業務不可能になる危険のある立場で仕事をしている人でも手続きが可能になります。

自己破産では住宅を手放さないことは無理ですし、その他の債務処理では、借金の元金は返済していく必要がありますので住宅ローン等も払いながら返済をしていくことは多くの人の場合難しいと思われます。

ただし、民事再生という方法を採用できれば住宅のためのローンのほかの借金については十分なカットすることが可能なため余裕がある状態で住宅のためのローンを返済しつつ残った借金を払い続けるようなこともできるということです。

でも、民事再生という選択肢は任意整理による手続きまたは特定調停等とは異なりある部分だけの借り入れを除外して手続きを行うことはできませんし、破産宣告の場合のように借り入れ金それそのもの消滅するのでもありません。

さらには、他の手続きに比べある程度こみいっていて期間もかかりますので住宅ローンなどを組んでおり住居を手放したくない時などを除いて破産宣告のようなそれ以外の方法がとれない場合における最後に考える解決方法とみなした方がいいでしょう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.natureedmonton.com All Rights Reserved.