.

この度は為替相場に関しての基本的要素に関するエピソードです。75-12-69

為替の市場とは何かというと「人の手でキャッシュの送金しない場合でもお金のやり取りの趣旨を成し遂げるやり取り」になります。75-14-69

為替取引といえばおおかた外為について表す人がほとんどです。75-19-69

国際の為替を簡潔にいうと国と国の金銭のやり取りのことを指します。75-8-69

他の国へ旅行(シンガポール、中国、タイ、米国)をした経験があれば国際の為替の取引をしたことがあります。75-13-69

どこかの銀行で旅行先のお金に取り替えした場合は、まさに外国為替という事です。75-9-69

為替レートを簡潔にいうと、買いたいと思っている人と売る人の額を指したものです。75-15-69

銀行と銀行の間での取引の結果決定されるものです。75-5-69

それがマーケットメイカーと俗にいわれる世界中にある銀行なのです。75-10-69

為替の相場は様々な余波を受けて休まずに時間ごとに変動します。75-6-69

為替相場を変動させて行く動因というのはファンダメンタルズが挙げられます。

ファンダメンタルズの意味は経済情勢、経済の基盤とか様々な条件のことを表します。

国ごとの経済成長率や物価の水準、金融政策、外国取引の収支、失業率、要人発言と言う要因が作用して為替相場は変動するのです。

ひときわ経常収支と失業者数は重要ポイントと思います。

外国取引の収支とは何か、日本の組織でいう財務省からの指示で日銀が貿易統計を土台として書いた異国とのある期間の経済上のやり取りを記録したものです。

国際収支統計は中央官庁や中央銀行のホームページなどで確認することができます。

労働者の統計、失業率も重大となる一因であると言われます。

ひときわ米国雇用統計は影響を与えます。

月ごとに発表され調査のターゲットが幅の広いところが特色です。

為替のレートの推移は国の経済の推移を示しているのです。

経済自体の動向を見極めることによって為替レートの変動の見極めが可能になると言う結論です。

Copyright (c) 2000 www.natureedmonton.com All Rights Reserved.